東京都ダブルス4年生以下 痛みに耐えてゆうさくペア優勝!

Home / 東京都ダブルス4年生以下 痛みに耐えてゆうさくペア優勝!

東京都ダブルス4年生以下 痛みに耐えてゆうさくペア優勝!

 

2/27(土)小平体育館で行われた東京都ジュニアダブルス4年生以下の結果です。

 

チビたちばかりで不安でしたが、けんぞう、ひなこ、かりんが応援とサポートをしっかりしてくれたので助かりました。

外で縄跳びしながらも、ほっしーとしゅうかも笑顔で応援をしてくれました。

DSC_2436 DSC_2437

image

また、ゆうたパパ、しおりパパがサイドコーチに入りコーチ不在の穴を埋めて下さいました。

 

さて、ここから結果です。

DSC_2438

3年女子の部に参戦した あかりとりんかペアは、初戦を元気いっぱいに笑顔で勝ち上がり

この時点で3位確定。第一シードのペアとの次戦に挑みました。さすがに力の差を認めざるをえませんが

それでも自分たちの形で点数をとっていました。途中、ラケットが頭にあたりあかりが涙を流してしまいましたが

最後まで、諦めることなく挑めました。3位入賞!。

DSC_2445

4年生女子の部に参戦した しおりとひとはペアは、初戦からしっかり球をつなぎ決める時に決めて勝ち上がりました。

次戦は、強豪との戦い。相手の踏み込んでのレシーブに中々対応できず攻めても攻めても点を取ることが出来ない苦しい戦いとなりました。結果としては点差をつけられての敗戦となりましたが、自分たちの形には出来ていました。さらにもうワンラリーの差が出てしまったようです。ベスト8

DSC_2444

4年生男子の部に参戦した わたるとてるのペアは、初戦は圧勝し、次戦の第4シードとの戦いとなりました。

ファーストセットは、相手に先行される展開が続きましたが、それでも気持ちが切れることなく、最後の最後まで

気持ちの入ったセットとなりました。セッティングにもつれ込んだこのセットを残念ながら落としてしまい相手を楽にさせてしまいました。セカンドセットは、焦りが出たのか凡ミスが増えて、敗戦となりました。ベスト8

DSC_2443

2年生以下男子の部に参戦した あやと、まさきペアは、初戦は第2シードとして危なげなく勝利し、次戦となりました。

相手チームがまさきを狙う作戦をとってきたため、ファーストセットは大苦戦。それでもセット後半からその狙いにも慣れてきたのか徐々に挽回をしていきますが、15点ゲームのため追いつくことが出来ませんでした。良い流れのままま2セット目となりここはしっかりとキープして、ファイナルゲーム。先行しながら終盤を迎え、あと1点というところから相手も粘りはじめ1点差にまで追いつかれましたが、最後は落ち着いて1点をとって、勝利し、決勝へと進みました。

DSC_2441

2年生以下男子の部のもう一つのペアは、ゆうた、さくたペアです。第一シードとして、圧巻の試合展開を続け、初戦も、2回戦も、さくたの足は状態が万全ではなかったのですが、ゆうたがそこをカバーをしながら無理することなく戦い、危なげなく勝利し、決勝に進みました。

決勝は宝木塚同士の戦いとなり、ゆうたさくたが力の差を見せつけ優勝となりました。あやととまさきも、ゆうたさくたの緩急ショットに翻弄されてはしまいましたが、オーソドックスなプレーではしっかり自分たちのプレーで点数を取れましたね。

あやとまさきペア 準優勝!そして、ゆうたさくたペア 優勝です!

image image image

あかりとまさきは初賞状ゲット。

DSC_2460

最後のお片付けも、みんながお手伝いしてくれました。

DSC_2450

お疲れ様でした。

 

Print Friendly, PDF & Email

About HJBC

宝木塚ジュニアバドミントンクラブ、略してHJBCは、東京都葛飾区の宝木塚小学校を拠点に日々練習をおこなっております。経験豊かなコーチ陣の元、東京都のみならず関東、全国で戦える子供たちも出てきています。練習では、サッカーをやったり鬼ごっこをやったりと小学生が楽しみながらも自然と体力が向上するような取り組みも行っているため初心者でもすぐに仲間入りできる環境があります。仏と義と武と鬼?とバランスよくスタッフも整っておりますので、子供の『心』の成長も期待して下さい。


A Little Photos