全国の強豪に埼玉オープンの2日間で挑み予選突破は4名

Home / 全国の強豪に埼玉オープンの2日間で挑み予選突破は4名

全国の強豪に埼玉オープンの2日間で挑み予選突破は4名

2016/05/14(土),15(日)に、ヨネックス埼玉オープンジュニア大会に参戦してきました。
初日の予選リーグは、男子が久喜市総合体育館、女子がアスカル幸手の体育館で行われました。

 

image

 

6年男子
けんぞう・・一勝一敗で予選敗退も全国二位に15−18までせまる健闘。これは自慢できます。ただし勝って欲しいけど。
たける・・2戦全勝で危なげなく予選突破。一番、安心してみれました。

 

4年以下男子
あやと・・2戦全勝で危なげなく予選突破。目が痒くても触っちゃだめ。
ゆうた・・ファイナル19−21で競り負けた試合を含む1勝1敗。ナイスゲームでした。
まさき・・全国の強豪にやられるも、次につながる学習が出来ました。2敗。

 

2年以下女子
しゅうか・・第一シードには力の差を見せられるも、もう一試合はよくやりました。見事1勝1敗!

 

6年女子
ひなこ・・惜しくも2連敗。。次頑張ろう。
かりん・・予選突破!ファイナルを競り勝ちました!
うみ・・予選突破!本日、一番最後の試合で集中が難しかったかなと思いますが無事明日につながりました。

 

5年女子
ちはる・・ファイナルの末、2連敗。次はスマイルで勝ちにいこう!
ひとは・・やわらかいプレーでニューひとは誕生!収穫の1勝1敗。
しおり・・残念ながら1勝1敗。スマイルだよ!

 

4年以下女子
つぼみ・・頑張りました。ファイナルで負け。これはすごい事!

 

女子は、試合中にむくれてしまう子が多く、笑顔を大切にしましょう!
9:00-18:30までの長い一日でしたが、初日の予選突破は
たける、うみ、かりん、あやとの4名でした!

 

image

 

2日目の決勝トーナメントは久喜市総合体育館で行われました。

image

6年女子
かりん・・・志木ジュニアの小笠原さん(昨年度関東大会本戦ベスト16)に奮戦。負けましたが、気持ちは強かったです。
次の試合までの目標は「体幹とバックハンド」

 

うみ・・・初戦で昨年度関東大会本戦準優勝の宇都宮中央ジュニア檜山さんに15点まで競るも惜敗。
次の大会までの目標は「いつでも元気で笑顔」皆さん、みんなで支えて下さい。

 

4年以下男子
あやと・・・初戦で4年の新潟1位稲川くんにあたり、クリアーとドロップと体格でおされて惜敗。
途中まで勝ってたのですが惜しい。
次の大会までの目標は「どんな時でも楽しむこと。クリアーで追い込んだ後。フットワークのスピードの維持。」
うん。君、ほんとに3年生?
すごいです。

 

6年男子
たける・・・初戦は高岡ジュニアの富山三位に21−20.21−20で勝利。
リードしてるのに、20点から追いつかれおしうみコーチも胃に穴あく展開でした。
2回戦は昨年度北信越大会1位、全国ベスト16の森阪くんに、12と14で負け。
ショートサーブだけでやられてしまった感じです。おしうみコーチの心労が・・・
次の大会までの目標はよく分かりません。「全国なみに緊張した。」だそうです。
正直、スマイルがなかったので、負けただけです。

 

お手伝いに来てくれた ちはるも
次の大会までの目標を「元気で笑顔」に。皆さん!女子の笑顔を応援しましょう!

 

と、いうことで、次の大会までの我がチームの目標は、
子どもも親も、もちろんコーチもスマイルです。

 

たとえおしうみコーチが練習中、チョー雰囲気悪くても、「スマイルじゃね?」といいあいましょう!

DSC_1722

 

笑顔と元気があれば、自分も周りも集中を持続して試合に挑めますよ!

 

2日間お疲れ様でした。

image

※宝木塚での特訓組もスマイルでがんばりましたね。はらだコーチありがとうございました。

 

 

Print Friendly, PDF & Email

About HJBC

宝木塚ジュニアバドミントンクラブ、略してHJBCは、東京都葛飾区の宝木塚小学校を拠点に日々練習をおこなっております。経験豊かなコーチ陣の元、東京都のみならず関東、全国で戦える子供たちも出てきています。練習では、サッカーをやったり鬼ごっこをやったりと小学生が楽しみながらも自然と体力が向上するような取り組みも行っているため初心者でもすぐに仲間入りできる環境があります。仏と義と武と鬼?とバランスよくスタッフも整っておりますので、子供の『心』の成長も期待して下さい。


A Little Photos