Yearly Archives: 2017

Home / 2017

全国大会報告 あやと・さくたペア4年男子ダブルスで優勝!日本一!

2017/12/24(日)~26(火)に広島県立総合体育館で行われた

全国小学生バドミントン選手権大会の結果報告です。

 

 

関東代表として3ペアが広島の地にて激闘を繰り広げてきました。

 

 

23日に前入りし、地元の体育館で夜間練習をし、24日の午前は

桜川jrさん(茨城)の5年女子ペアも一緒に練習し、良い調整も出来ました。

 

24日に試合のあったひとは・しおりも初戦を突破し、25日の試合へと進みました。

 

 

 

25日には3ペアすべてが登場し、激闘を繰り広げました。

結果は、

6年女子ダブルス ひとは・しおりペア

初戦勝利、2回戦敗退。優勝したペアに惜しくも負けてしまいました。

5年男子ダブルス そうや・ゆうたペア

初戦勝利、3回戦敗退。ベスト16。良い経験が出来ました。

 

 

4年男子ダブルス あやと・さくたペアのみ

最終日の準々決勝に進むことが出来ました。

 

準々決勝、準決勝、そして決勝と、すべてストレート勝ちでの優勝!

日本一が宝木塚ジュニアから誕生しました。

 

 

スタッフや保護者の皆様はもちろんのこと、度重なるご指導をいただいた

OB・OGの皆様やウエンブレーの皆様にも、これまでのご支援に対しまして

深く感謝申し上げます。

 

また、過去数年に渡り宝木塚のコーチとして、沢山の技術やメンタル指導を

していただいき宝木塚のダブルスの基礎固めにご尽力いただいた

近藤コーチ(10月末で退任)にも深く感謝申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

 

全国制覇はコーチ陣の胸の中にはずっとあったものではありますが、

クラブとしての目標として公言したのは、実はつい最近の事でした。

 

昨年、一昨年のたけるとけんぞうペアの関東大会や全国大会での実績、

今年の若葉カップ全国大会での実績があって初めて公に出来たものでした。

 

小さな町の小さなクラブから始まった宝木塚ジュニア

17年目にして一つの目標を達成出来ました。

 

チームとしての飛躍の象徴としての日本一です。

 

優勝報告会でのメッセージ

「いちばんうれしかったのは、決勝戦の前に、チームメンバーがマッサージやアップを手伝ってくれたこと」

 

負けて悔し涙を流し、そして心の中にはまだまだ苛立ちもある中で、

それでも勝ち残ったチームメンバーを支える子供たちの絆。

こういったチーム力あっての日本一でした。

 

今後も良き仲間と共に、強い絆をつむいでいきましょう。

 

まだまだこれからも強くなれます。

 

全国小学生大会の詳細結果はこちら

 

※メンバーの方は、3泊4日の様子と試合動画を専用ページに載せてありますのでご確認下さい。

 

サンタさんもびっくり。今年も盛大なクリマス会となりました。

2017/12/17(日) 総勢90名を超える大人数で、欠席者もなく

盛大に宝木塚ジュニアのクリスマス会が開催されました。

 

サンタさんもこの人数にプレゼントとなるとびっくりでしょうね。

 

さて、毎年恒例とはいえ、多数の新規メンバーが増えた今年は、

初めての参加の方も多く、こんなおバカな事までやるクラブなんだと

きっと思ったに違いありません。

 

6つのチームに別れてスポーツで汗を流し、お昼ご飯もたんまり食べて

午後には、体を使った遊び感覚のゲーム大会、さらにはお願いサンタビンゴ。

ケーキもえっさえっさと作り・・・恒例のあれも行われ、大盛り上がり。

最後には、全国小学生大会の壮行会も合わせて行いました。

 

 

朝9時から夕方5時まで、あっという間の1日。

子供たちも保護者もスタッフもみんな笑顔でしたね。

 

開催にご協力いただいた皆様に深く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

尚、クリスマス会の詳細は、メンバー専用ページにどどどど~んと準備してありますので

そちらで思いだし笑いをして下さい。(表には出せないものが多くて・・・汗)

 

お疲れ様でした。

東京都シングルスの結果。寒さも吹き飛ぶ子供たちの熱戦。

2017/12/09(土)、10(日)の二日にわたり、町田市立総合体育館にて、東京都シングルスが行われました。

 

小学校の土曜授業の関係で参戦出来ない子もおりましたが、

我が宝木塚ジュニアからはメンバーの約半数、20名が参戦してきました。

  

 

開会式では、今年の全国小学生バドミントン大会に出場する選手たちが紹介され

ひとは・しおりペア、そうや・ゆうたペア、あやと・さくたペアも東京都の顔として紹介されました。

 

年末に向けての調整もあるかとは思いますが、

今日は今日で精一杯頑張るのが宝木塚スタイルです。

みんながみんな奮闘してくれました。

 

それでは試合の結果です。

  

 

2年男子の部
こうゆう ベスト16
こたろう ベスト16

 

3年女子の部
しゅうか 準優勝!!!
さら  ベスト8!

 

 

4年男子の部
ひびき 1回戦勝利 2回戦敗退
ゆうた 優勝!!!!
あやと 準優勝!!!
さくた 3位!!
まさき ベスト16

 

 

4年女子の部
つぼみ ベスト16

 

 

 

5年男子の部
てるゆき ベスト8!


しどう 1回戦敗退 敗者トーナメントベスト8


そうや ベスト8!

 

 

5年女子の部
あかり ベスト16


なつみ ベスト16

 

 

6年男子の部
わたる ベスト16

 

 

6年女子の部
しおり ベスト16


ひとは ベスト8!

 

 

数字では伝わりませんが、心を燃やした大会でした。二日間お疲れ様でした。

 

 

 

入賞者はこちら

ほしの3位、しゅうか2位、あやと2位、ゆうた1位、さくた3位

結果の詳細はこちら

 

勝った子も負けた子も、無心になれるまでバドミントン修業が続きます。

 

「みんなで座禅したい・・・」by 監督

 

 

関東ていがくねんオープン茨城に東京代表として3名が参戦!

2017/12/2(土),3(日) の二日間。

茨城県小学生連盟主催の「第2回関東ていがくねんオープン茨城」に

しゅうか、ほしの、こうゆうの3名が東京都の代表として参戦してきました。

 

茨城県の下館総合体育館へと、連日朝早くから赴き

3名が元気一杯頑張ってきました。

 

 

 

 

初日の結果は

3年女子の部 しゅうか 全勝で予選ブロック1位通過で決勝トーナメントへ進出

2年女子の部 ほしの 全勝で予選ブロック1位通過で決勝トーナメントへ進出

1年男子の部 こうゆう 全敗で予選ブロック最下位。下位トーナメントへ

 

 

最終日の結果

3年女子の部 しゅうか

決勝トーナメント1回戦を勝利し2回戦に挑むも惜しくも敗退。ベスト16。

悔しかったのか物足りなかったのかその日の夜練にも挑んでいました。しゅうか、がんばってます。

 

2年女子の部 ほしの

決勝トーナメント1回戦を勝利し2回戦で、ABC全国3位の子にファイナルの末敗退。ベスト8!

他の東京勢が全員入賞しただけに、あと一歩突き抜ける意識をもって次に挑みましょう。

 

1年男子の部 こうゆう

下位トーナメント1,2回戦のファイナルゲームを制し、決勝でも勝利し優勝。

昨日のうっぷん晴らせました。全敗からの全勝。こうゆうらしいです。練習量増やしてね。

 

試合結果の詳細はこちら

 

コーチ不在の中、3名とも良い経験が出来ました。

次の東京都シングルスでもこの勢いをもって挑んで下さい。

2日間お疲れ様でした。

 

 

葛飾ジュニア教室で基礎から再確認をしてきました。

2017/11/19(日) 葛飾区の奥戸総合スポーツセンターにて毎年恒例の葛飾区ジュニア教室が開催され、宝木塚ジュニアからも多数参加してきました。

 

 

 

 

元世界チャンピオンの栂野尾悦子さんやYONEXの曽根夏姫選手が講師を務め

葛飾区内の小中学生、高校生総勢100名近くが、朝から夕方までバドミントンを

基礎から再確認して来ました。

 

 

 

 

筆記用具を持ってルールの再確認、各クラブのコーチ陣も含めてのトレーニングの講習

基礎技術を練習する際の確認ポイントを再確認しての手投げノック練習など、午前中も

みっちりバドミントンに触れられました。

特に初心者や低学年の子は学ぶことがとても多かったのかなと思います。

 

 

お昼ご飯を食べて、午後はより実践的な練習にうつり、シングルス、ダブルスを

各コートに散らばり、葛飾区バドミントン協会の方々や、原田コーチ、サポーターから

指導を受ける事が出来ました。

 

 

 

まだまだ打ち足りないと、うちのジュニア軍団は元気に空コートを探していました。

とても積極的でした。

 

 

 

 

他のクラブもいた中だからでしょうか、挨拶面が若干元気が無かったのが

目につきましたがそれ以外はみんながみんな宝木塚ジュニアらしく動けましたね。

 

 

終礼で、荒木コーチから、「今日でまた上手くなったと思う人」と問われ、

手をあげる子が多数でした。

 

 

 

講師のYonexの方々、葛飾区バドミントン協会の皆様、サポーターの皆様、

毎年このような機会を設けていただきありがとうございます。

 

子供たちは、葛飾区の宝木塚ジュニアとして、都大会で、関東大会で、

そして全国でも活躍し恩返ししてくれるはずです。

 

皆様、一日お疲れ様でした。

 

 

 

関東大会で3組が全国大会への切符を手にしました!

2017/10/21(土),22(日)の二日間、東京予選を勝ち抜いた11名が、

茨城県日立市の池の川さくらアリーナで関東大会に挑んできました。

   

 

初日。朝早くに東京を旅立ち眠さもあった中、結果は

6年女子ダブルス
ひとは・しおりペア


1回戦2ー0
2回戦2ー1

スリリングにベスト8。明日の準々決勝へ進出。

 

 

5年シングルス
てる


1回戦2ー0
2回戦0ー2で敗戦。
ベスト16。

 

 

5年男子ダブルス
そうや・ゆうたペア


1回戦2ー0
2回戦2ー0
ベスト8。明日の準々決勝へ進出。

 

 

5年女子ダブルス
あかり・なつはペア


1回戦1ー2
惜しくも負け。次がんばです。

 

 

4年男子ダブルス
あやと・さくたペア


1回戦2ー0
2回戦2ー0
ベスト8。明日の準々決勝に進出。

 

 

4年女子ダブルス
つぼみ・りんかペア


1回戦2ー0
2回戦0ー2で敗戦
ベスト16。

どの子もよく頑張りました。敗退した子もまだまだこれからです。次です次!

 

 

初日の結果、二日目には

ひとは・しおり,そうや・ゆうた,あやと・さくたのダブルス3組が進出し、

明日の第一戦、準々決勝で広島への切符をかけての戦いに挑みます。

 

 

 

 

二日目。

6年女子ダブルス
ひとは・しおりペア


準々決勝に勝利し、4位!
3年ごしの挑戦で、見事全国への切符を勝ち取りました(涙)

 

 

5年男子ダブルス
そうや・ゆうたペア


準々決勝、3位決定戦に勝利し、3位!
初出場のそうやと、1学年上で出場したゆうたで全国出場!

 

 

4年男子ダブルス
あやと・さくたペア


結局、最後まで勝ちきって優勝!
お見事。よく頑張りました。

怪我を早く治して次は全国で暴れて下さい(体育館外ではオ・ト・ナ・シ・ク)。

 

 

入賞したこの3ペアは、昨年のけんぞう・たけるペアに続き

12月に広島で行われる全国小学生バドミントン大会に出場します!

おめでとうございます。

 

 
 

6名が全小へ出場するのは宝木塚初の快挙です。

関東大会での沢山のご声援、そして、これまでのご支援に深く感謝申し上げます。

ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします!

 

勝った子も負けた子も油断せず次へ進みましょう。

ひとまずお疲れ様でした。明日からまたまた再出発です!

 

試合結果の詳細はこちら

 

 

 

 

 

東京都関東予選の結果、11名が関東大会へ進出!

2017/08/20(日)と2017/09/02(土)に、シングルス(猛暑の福生)、ダブルス(雨の深川)の関東大会予選に参戦して来ました。

 

 

 

まずは合宿の1週間後8/20(日)に行われたシングルスの結果です。

6年男子 わたる 初戦惜敗 、そら 初戦惜敗
6年女子 ちはる 2回戦敗退、ベスト16
5年男子 てるゆき 3位(関東大会へ)
5年女子 かえで 初戦惜敗
4年男子 りんたろう 初戦惜敗
4年女子 さら 2回戦敗退、ベスト16。

悔しい思いをしたチャレンジトーナメントでの思いを各個人が胸に秘め奮起、関東に行けなかった子もみんな胸を張れる良い試合を行えました。

 

続いて9/2(日)に行われたダブルスの結果です。

6年女子 しおり・ひとはペア 準優勝(関東大会へ)
5年男子 そうや・ゆうたペア 準優勝(関東大会へ)

5年女子 あかり・なつはペア 3位(関東大会へ)
4年男子 さくた・あやとペア 優勝(関東大会へ)
まさき・ひびきペア ベスト8
4年女子 つぼみ・りんかペア 準優勝(関東大会へ)
しゅうか・ほしのペア 初戦敗退

 

勝った子も負けた子も、一生懸命頑張りました。

 

 

 

 

今回は、シングルスもあわせて、6組11人が、

10/21(土),22(日)に行われる関東大会(茨城県日立市池の川さくらアリーナ )

に出場します。自分に胸を張れる試合をしよう。

 

たくさんの保護者の応援、お手伝いに来てくれた選手の皆さん、ありがとうございました。
そして、また、明日から頑張ろう。次のステージは日立から広島への道です。

 

関東大会予選結果詳細はこちら

台東ジュニア大会で今年も上位階級に挑んできました。

2017/08/20(日)に台東区リバーサイドセンターで開催された台東ジュニア大会に参戦してきました。

 

 

 

今年も上の学年の階級に挑みながらもしっかり結果を出してくれました。

それでは台東Jr.結果です。

 

小4以下シングルス
男子
こたろう(小2) 準優勝!
さくた(小4) 優勝!!
女子
はるか(小1) 予選リーグ敗退

 

 

 

小5〜中1シングルス
男子
しどう(小5) 予選リーグ敗退
女子
あかり(小5) 優勝!!
なつみ(小5) 予選リーグ敗退

 

 

 

小5〜中1ダブルス
男子
ひびき・まさきペア(小4) 優勝!!
女子
しゅうか・ほしのペア(小3,小2) 予選敗退
つぼみ・りんかペア(小4) 優勝!!

 

 

 

中2〜中3シングルス
男子
こうせい(中2) 準優勝!
女子
かりん(中1) 優勝!!
ひなこ(中1) 3位

 

 

 

中2〜中3ダブルス
男子
そうや・ゆうたペア(小5,小4) 準優勝!!
女子
しおり・ひとはペア(小6) 優勝!!

 

 

 

好成績に浮かれることなく、引き続き練習に励んでいきましょう。

悔しい思いをした子は、練習だけでなく意識面の成長も考えていきましょう。

 

 

一日お疲れ様でした。

 

 

試合後、台東ジュニアの主催者でもある近藤コーチのお父様から
おいなりさんの差し入れをみんなにいただきペコペコお腹も復活しましたね。

 

ご馳走様でした。

また本大会の準備、運営等いただいた深尾さんをはじめとした

台東区バドミントン協会の皆様、ありがとうございました。

 

ABC本戦。北の大地でもゆうたワールドが炸裂。

2017/08/14(月)、15(火)、16(水) ABC本戦の全国大会が北海道札幌市で開催されました。

宝木塚ジュニアからは、Bクラス男子代表として、ゆうたが参戦して来ました。

 

千葉の合宿所から朝一で成田に向かい、おしうみコーチが飛行機におびえる中

無事札幌にて開会式に参列。

次の15日朝から予選ブロックでの戦いとなりました。

 

 

(撮影:ひなこ)

 

予選ブロックの対戦相手は、7月の若葉本戦でもその姿をみかけた強豪ぞろい。

 

 

 

 

1回戦目は奈良県の選手。緊張や体育館の空調などもあり、なかなか本調子に

なれなかったものの、最後はきっちり対戦相手と全国大会の魔物にも勝利をおさめ

良い汗をかけました。

 

 

 

続く2回戦は、福岡岡垣ジュニアの強豪選手との戦いとなりました。若葉カップの時にバスの中で、

すでに言葉を交わしていた二人の戦いは、本部でも話題沸騰する熱く見ごたえのあるものでした。

 

 

ゆうたワールドが炸裂するも、全国での戦いに慣れた相手に一歩及ばず敗戦となりました。

 

 

この結果、予選2位通過となりましたが、決勝トーナメントへ進出です。

 

 

決勝トーナメント初戦は、京都代表の選手、こちらも若葉カップでその姿を見かけた選手です。

 

 

体調万全で挑むことが出来なかったのが悔やまれますが、最後までコートに立ち続けました。

ゆうたの北の大地での戦いは、ここで終わりになりましたが、次こそ「心技体」しっかり整えて

挑んでくれるでしょう。

 

 

今度は全国の舞台がゆうたワールドを待っていますよ。

 

試合の次の日は、壮行会で贈った赤のハーフパンツを履きながらも若干元気のない感じの

ゆうたでしたが、今はもう誰よりも元気に次に向けて再出発しています。

 

 

引率頂いたおしうみコーチ、ふかお家の皆さん、

長距離移動に空の旅、そして、肝心要のゆうたへのサポートと、大変お疲れ様でした。

今回のこの貴重な経験をジュニアのみんなで共有し、またまたみんなで一歩前へと進んでいきたいですね。

二日間ありがとうございました。

 

ABC札幌大会の詳細はこちら

 

 

夏合宿でひと回り大きくなって帰って来ました。

2017/08/13(日)~15(火)に千葉県アルビンスポーツパークにて、夏合宿を行って来ました。

総勢40名近くのメンバーとスタッフ、保護者、さらには、綾瀬ジュニアさんやサザンウイングスさんも交えての実践的な練習を2泊3日たっぷりやり込んで来ました。

 

 

 

 

初日は、高速渋滞の影響で到着が遅れましたが、13:30から練習を開始しました。

8面あるアルビンスの体育館で、アップの後、ダブルス組、シングルス組にわかれて課題克服、技術向上に取り組みました。

湿気はあるものの気温もそれほど高くなかったため、ほぼ全員が最後まで練習に力を注げました。

 

 

練習終了後、明日から札幌で開催されるABC大会本戦に出場するゆうたの壮行会を行い、お風呂に入って夕食となりました。

子供たちの部屋は2段ベットでワクワクする気持ちを抑えきれない子もいました。

それでも就寝時間には多くの子が寝息を立て、大人はミーティングを行い親睦をはかり明日に備えました。

 

 

 

 

 

二日目は、朝の散歩を行った後、朝ごはんを食べてスタートとなりました。

ゆうたと鴛海コーチは深尾号で札幌へと急ぎ足で旅立ちました。

練習は、関東予選出場組と中学生はアルビンスで練習試合、基礎組は茂原市の体育館での特訓となりました。

 

 

練習試合には、サザンウイングスさん、神奈川の綾瀬ジュニアさんも多数ご参加いただき、刺激いっぱいの熱戦を繰り広げました。

ウエンブレーの平川さんも指導にかけつけてくれ中学生の特訓や子供たちの試合相手に汗を流していただけました。

 

茂原の体育館に朝から移動した基礎組たちは、4面で10人という贅沢な環境で、原田コーチのもとで

どこまで出来るか、新しいショットや動きにも挑戦していました。新鮮な練習でしたね。

地元の高校生に試合を挑んだり、茂原の体育館も緊張感ある練習となりました。

 

 

15時くらいに、どちらの体育館でもアイス休憩を行い、リフレッシュして17時までしっかり汗を流しました。

夜ごはんも連日のバイキングで、みんな時間を意識しながらしっかり食べる事が出来ました。

お風呂に入ってやることやってバタンキュウな夜でした。洗濯物も増え、夜遅くまで保護者の方が対処してくれました。

 

 

 

 

サザンウイングスさん、綾瀬ジュニアさん、ウエンブレーの平川さん、ありがとうございました。

 

 

 

合宿最終日も、朝から散歩を行い、今日から札幌で本戦が開始されるゆうたに応援のエールビデオを送りました。

朝ごはんを食べ、荷物を片付け、部屋の整理をして、チェックアウト準備をする忙しい朝となりましたが、

8時30分には体育館にみんな集合でき、最終日の練習を開始しました。

 

 

サザンウイングスさんの中で3名ほど、最終日にも残っていただけたので、実践練習にも新しい刺激がありました。

追いかけっこリレーや、半面シングルスランキング戦と、仲良くなりつつ技術を磨きました。

基礎組は、昨日に引き続き猛特訓。ひたすらシャトルを追いかけ続けました。

 

 

関東予選組もシングルス、ダブルスでワンランクアップを目指した実践的な試合練習を数多くこなしました。

近藤コーチもまだまだこれからといった厳しい顔の中にも充実した笑顔を時折浮かべていました。

時計も13:00が近づき、合宿の練習が終了し、最後の終礼を行い、片付けてお昼ご飯をたんまり食べて

車に乗り込み帰宅となりました。

 

 

 

雨も振り出し、渋滞もちょこちょこありながらも16:30までにはみんなが国際貿易に到着し、帰宅となりました。

この二泊三日で子供たちひと回りも二回りも大きく強くなって帰ってきました。

よく頑張りました。お疲れ様でした。

 

 

最後に、

引率ご指導いただいたスタッフの皆様、差し入れ、裏方支援をいただきました保護者の皆様

お陰様で怪我もなく、元気に夏合宿を終える事が出来ました。

 

お忙しい中、いつもいつも子供たちのためにと、お時間を割いていただき心より感謝申し上げます。

 

子供たちもこの環境が当たり前だと勘違いしないように、感謝の気持ちをもって引き続き練習に励んでくれると思います。

今後ともご指導、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

大人も子供もお疲れ様でした。まだまだこれからも連戦が続きます。リフレッシュして次に向かってみんなでがんばろ!

 

 

 

 

 

 

 

About HJBC

宝木塚ジュニアバドミントンクラブ、略してHJBCは、東京都葛飾区の宝木塚小学校を拠点に日々練習をおこなっております。経験豊かなコーチ陣の元、東京都のみならず関東、全国で戦える子供たちも出てきています。練習では、サッカーをやったり鬼ごっこをやったりと小学生が楽しみながらも自然と体力が向上するような取り組みも行っているため初心者でもすぐに仲間入りできる環境があります。仏と義と武と鬼?とバランスよくスタッフも整っておりますので、子供の『心』の成長も期待して下さい。


A Little Photos