若葉に向けて久喜ABC団体戦に5年以下で挑んで来ました。

Home / 若葉に向けて久喜ABC団体戦に5年以下で挑んで来ました。

若葉に向けて久喜ABC団体戦に5年以下で挑んで来ました。

2018/02/12(祝・月)に久喜総合第二体育館で、久喜ABC団体戦が行われました。
宝木塚ジュニアからも2チーム参戦し、チームの結束と強化をはかってきました。

 

団体戦は、若葉カップと同じく

6年シングルス、6年ダブルス、5年シングルス、5年ダブルス、4年シングルスの5戦勝負。

宝木塚の両チームは、来年を見据え、6年生抜きで、どこまで戦えるか?チャレンジしてきました。

 

 

 

久喜ABCさん、KRSH前橋さん、SGAさん、蓮田サウスさん、春日部白翔さん、ビッキーズさん
など、埼玉、群馬、東京の12チームが予選ブロックに3チームずつにわかれ2試合を戦い、
決勝トーナメントで団体戦の頂点を目指して奮闘しました。

 

 

Aチーム:そうや、てるゆき、あかり、ゆうた、あやと、さくた、ひびき、まさき
予選 vs SGA戦 勝利!, vs 蓮田サウスA戦 勝利! で1位通過

 

 

Bチーム:しどう、 なつみ、まあや、つぼみ、しゅうか、さら、りんたろう、ほしの
予選 vs KRSH前橋A戦 敗退, vs 蓮田サウスB戦 勝利! で2位通過

 

 

決勝トーナメントでは
Bチームは、奮闘むなしく、1回戦(vs SGA )で敗退。
Aチームは、2回戦(vs KSRH前橋B)を僅差で勝利しましたが、続く準決勝で、

春日部白翔さんの前に、2-3で敗退となりました。

 

それでも3位決定戦で久喜ABC B戦で勝利をおさめ

しっかり3位入賞が出来ました。

 

 

   

 

  

 

上位学年に挑む事も多い中、接戦も多くなり、セッティングにもつれ込むゲームも多々ありました。
ぎりぎりで勝ち、ぎりぎりで負ける。精神面での成長につながる戦いを繰り広げる事が出来ました。
ゆたかも応援がんばりました。

 

一致団結して、応援も審判もチームで挑めた一日でした。
保護者の皆さんも、お茶ブースを準備してくれたりと寒さの中で

元気にチームを盛り上げてくれました。

 

皆様、一日お疲れ様でした。

Print Friendly, PDF & Email

About HJBC

宝木塚ジュニアバドミントンクラブ、略してHJBCは、東京都葛飾区の宝木塚小学校を拠点に日々練習をおこなっております。経験豊かなコーチ陣の元、東京都のみならず関東、全国で戦える子供たちも出てきています。練習では、サッカーをやったり鬼ごっこをやったりと小学生が楽しみながらも自然と体力が向上するような取り組みも行っているため初心者でもすぐに仲間入りできる環境があります。仏と義と武と鬼?とバランスよくスタッフも整っておりますので、子供の『心』の成長も期待して下さい。


A Little Photos