芽生え始めたシングルスの力。先が楽しみに感じたABC東京都予選。

Home / 芽生え始めたシングルスの力。先が楽しみに感じたABC東京都予選。

芽生え始めたシングルスの力。先が楽しみに感じたABC東京都予選。

2018/05/20(日) 武蔵村山市総合体育館にて、ABC東京都予選が開催されました。
宝木塚ジュニアからも多数がエントリーし、全国大会が行われる
熊本への切符をかけて奮闘してきました。

 

 

 

 

Cクラス(1~2年生)
男子
こうゆう 運動会のため棄権

 

女子
はるか 3位


すべての試合がファイナルゲームとなりました。
周りの応援も巻き込んでみんなも喜ぶ第3位!
これからも楽しみです。小刻みに沢山動けるように。

 

Bクラス(3~4年生)
男子
こたろう 初戦敗退


格上相手にいつもの勢いも完全シャットアウトされてしまいました。
練習を黙々と頑張っているので、これからに期待です。

 

ひかる ベスト16


1学年下のシード選手との接戦を、大きな声で勝ち抜けました。
ベスト8をかけ同学年の対決で敗れはしたものの、ずいぶんと頼もしくなってきました。
予測範囲を広げて「あっ」の回数を減らしていきましょう。

 

女子
さら 初戦敗退


いつもの元気がそこにはありませんでした。
小さな自信をしっかり育てながら再出発です。

 

ほしの ベスト16


高学年に挑み奮闘するも、徐々に前をつぶされはじめ万事休す。
苦しい中でも相手を奥まで動かす練習に意識を高めて欲しいです。

 

 

まいら 初戦敗退


このレベルの大会となると練習量の差がはっきり出てしまいましたね。
焦らず小さな階段を一歩一歩昇っていきましょう。練習あるのみ。

 

しゅうか 3位


ベスト4をかけた試合は、ファイナルにもつれこむも最後は力をみせてくれました。
コートチェンジ時のショットへの影響を調整上手になっていきたいものです。
準決勝は、4隅をしっかり突かれて、苦しい展開が多くなってしまい力負けでした。
それでも、ここから奮起してくれるでしょう。コートの広さを自分が使う番です。

 

 

Aクラス(5~6年生)
男子
ひびき 初戦敗退


うまくシャトルを回され持ち前のパワーの使いどころを制限されてしまいました。
あと3ラリー分は崩れずに動けるようになりたいです。

 

あやと ベスト8


高学年相手にもひるむことなく堅実なプレーで相手に隙を与えませんでした。
ナショナル合宿中の疲労蓄積があった中でも、優勝した相手との準々決勝で
第一ゲームはしっかり食らいつけました。体をしっかり大きく育てていきましょう。

 

そうや 3位


しっかり自分から仕掛ける事も出来るようになり初のベスト4進出。
準決勝では、防戦一方となる中でも我慢しましたが、力尽きました。
逆転チャンスを作るネット付近の各ショット、ショートリターンの技術精度アップが急務。

 

てるゆき ベスト8


第4シードを破る頑張りをみせてくれました。準々決勝ではそうやと対戦し敗退。
ゲーム中盤までの頑張りだけでは勝てません。各ゲームの終盤でもう1つギアをあげられるように
苦しい時こそ頑張る練習を普段からやっていきましょう。

 

まさき 2回戦敗退


第3シード選手に力負け。出来る事も増え、精度もあがってきていますが
パワーとスピード、高学年のそれに順応していきましょう。体をしっかり大きく育てて下さい。

 

ゆうた ベスト8


ベスト8決めで大苦戦。ギリギリの戦いを制して挑んだ準々決勝は、終盤に失速。
上体が寝てしまい体勢のリカバリー遅れが目立ちます。おへそに力をいれてブレない動きを取り戻して下さい。

 

さくた ベスト16


上位学年の強豪選手とファイナルの激戦で敗れました。
ラリーが単調になる癖が終盤に出てしまった感じです。
自ら仕掛ける意識を忘れず、アグレッシブに戦えばまだまだ上に行けます。

 

しどう 初戦敗退


実績のある同学年の選手との戦いで、序盤はぎこちない動きが多く半分自滅でした。
それでも徐々に最近の好調子を取り戻し、しっかり戦って負けました。
IN・OUTくさい球にも手を出し、もう1歩コートを広く動けるようになりたいです。

 

女子
あかり ベスト16


2回戦、3回戦ともファイナルゲームの大熱戦。第4シードに敗れはしたものの
無駄な動きも随分と減り今後に期待できる自信をもてる成長を感じ取れた良いゲームでした。

 

ななこ 体調不良で棄権

 

つぼみ ベスト16


一回戦から強化選手とあたるも、パワーとネット前のショット精度でしっかり勝利をおさめる事が出来ました。
3回戦はファイナルゲームで惜しくも敗れましたが、相手が嫌がるプレーを地味に続けられました。
左右に振られた時のフットワークを改造すれば、いよいよ穴は無くなります。

 

・・

 

6階級いずれも優勝する事は出来ませんでしたが、各階級とも強い気持ちを感じ取れた好ゲームばかりでした。
朝早くから夜遅くまで、宝木塚応援団の大きな声援も会場に響き渡り、試合以外でも力を出し切れた一日でした。

 

試合結果の詳細はこちら

 

シングルスの強化も徐々に芽が出てきた感じです。
引き続き各学年のてっぺんを目指して頑張っていきましょう。

一日お疲れ様でした。

 

入賞者はこちら

Print Friendly, PDF & Email

About HJBC

宝木塚ジュニアバドミントンクラブ、略してHJBCは、東京都葛飾区の宝木塚小学校を拠点に日々練習をおこなっております。経験豊かなコーチ陣の元、東京都のみならず関東、全国で戦える子供たちも出てきています。練習では、サッカーをやったり鬼ごっこをやったりと小学生が楽しみながらも自然と体力が向上するような取り組みも行っているため初心者でもすぐに仲間入りできる環境があります。仏と義と武と鬼?とバランスよくスタッフも整っておりますので、子供の『心』の成長も期待して下さい。


A Little Photos