夏合宿2018!2泊3日のバドミントン三昧。目の色変えて頑張りました。

Home / 夏合宿2018!2泊3日のバドミントン三昧。目の色変えて頑張りました。

夏合宿2018!2泊3日のバドミントン三昧。目の色変えて頑張りました。

2018/08/11(土)~13(月) 千葉県長柄町アルビンスポーツパークにて2泊3日の夏合宿を行ってきました。

今年も、小中学生40名に、スタッフと保護者をあわせて総勢50名越えとなりましたが、
昨年と同じ場所だったおかげで、戸惑う事も無く、合宿に全力集中が出来ました!

 

 

 

8/11(土)合宿初日


朝、東堀切に集結し、車9台に乗りこんで千葉県長柄町を目指しました。
大きな渋滞も無く、30分ほど予定よりは遅れましたが、無事合宿所に到着。

 

 

午後の練習の前に、まずはお昼ご飯。
会議室で、おにぎりを食べていましたが、子供たちはわくわくが止まらない感じでした。
部屋割りや班長決めなども行い、部屋に荷物をおいて、13:30体育館で練習を開始しました。

 

まずはいつもの練習。体育館が広いので、いつもと同じでも距離は倍以上。
体調が運動についていけなくなった子が2名ほどおりましたが
蒸し暑さもそれほど無かったので、多くの子が頑張りを見せてくれました。

 

 

トレーニングを終え、課題別にコートにわかれ特訓が開始されます。
スタッフはもちろんの事、保護者も、ウエンブレーの二宮さんも熱血指導。子供以上に声が出ていました。

 

夕方5時まで、ひたすら特訓。
それでも子供たち、まだまだ打ち足りない、やりたいと元気が溢れていました。

 

練習を終え、お風呂に入り、みんなで夕食。わいわいがやがや。
お腹いっぱい食べて笑顔で一杯でした。

 

食後は、部屋に戻り一息ついて、ミーティング。会議室でたんまり1時間程
バドミントンについて考える時間をとりました。

 

保護者の方々には、洗濯やら明日の準備やら、荷物の整理やら、手分けをしながらご協力いただいておりました。

21時就寝。ぐったり寝れる子もいれば、布団の中で興奮がおさまらない子もいた感じですが

大人の反省会が終わるころには、みんな寝息をたて明日に備えておりました。

初日、無事終了です。

 

 

8/12(日)合宿2日目


朝は合宿恒例のお散歩。
スタッフ都合で若干スタートは遅れましたが、朝の森の綺麗な空気を胸いっぱいに吸い込みながら
みんなで自然の中をお散歩出来ました。

 

 

朝ご飯をしっかり食べ、今日もまるまるバドミントンです。

 

 

サザンウイングスさんも今年も合宿に来てくれたので、全小予選組は、アルビンでトレーニングと実践試合練習。

基礎組は、30分ほどのところにあるパークむつざわの体育館での1日猛特訓となりました。

 

 

朝から晩まで、打って走ってとことん練習。
あいまあいまで、お昼ご飯を食べたり、捕食を食べたりと、この日もあっという間に日が暮れました。
基礎組もこれでもかという程、練習と試合練習が出来ました。もちろん、ぐんぐん成長もみせてくれました。

 

お風呂に入って、夕ご飯を食べ、今日は「肝だめし」
男女ペアになって、暗い夜道を恐る恐る突き進みます。

 

肝だめしの前に、原田コーチからお話いただいたヒンヤリ怪談が、夜道で思い出され
突然のお化けとの遭遇に「キャーキャー」「ウォーォー」と、夜の森に男女の悲鳴が響き渡りました。

 

大泣きする子、逃げだす子、頼もしくパートナーを引きつれ進む子、照れくさそうに男女で進むペアなどなど
バドミントン以外の子供らしい姿を沢山みることが出来ました。

 

アイスを食べて、お部屋に戻って、おやすみなさいとなりました。
保護者は今日も洗濯三昧。ありがたやありがたや。こちらはまさに仏様。

大人の反省会も、昨日の反省を活かして早めに撤収し、最終日に備えました。

 

(肝だめしの集合写真はじっくりみてはいけません。。もしかすると・・・)

 

 

 

 

8/13(月)最終日


この日も朝のお散歩から、昨晩の肝だめしのコースを、明るい中でみんなで歩き「トラウマの解消」をして
朝ご飯を食べ、部屋のお掃除をし、荷物を片付け、体育館での最終練習が始まりました。

 

 

ダブルス組、シングルス組、個別特訓組、基礎組などなど、
レベル別、課題別にこの日もお昼まで、やり残しのないレベルまで特訓しました。
肉体的な疲れは見えるものの、顔は笑顔。精神的にはまだまだやりたい気持ちが伝わってきました。

 

日常の生活では難しい「バドミントンだけに集中する体験」を通じ
意識の面でも成長出来ました。
上級者はもちろんですが、目の色が変わって来た基礎組が多くいた事がとてもうれしく感じた合宿でした。

 

最後のお昼ご飯を食べ、終礼を行い、東京へと帰りました。
渋滞もそれほどなく、ほぼ予定通り東堀切に到着し、おうちの人と久々の再会。
頼もしくなったその姿を誇らしげにみせておりました。

 

 

昨年は、ストレスが溜まってちょっとしたトラブルもありましたが、
終始、良い態度と姿勢で、気持ちよく合宿を終えることが出来ました。

子供たちは謙虚な姿勢を忘れず、思いっきり自分の夢に向かって
このまま突き進んでくれる事でしょう。

 

2泊3日の宝木塚ジュニア2018夏合宿。
皆様お疲れ様でした。

スタッフの皆様、サザンウイングスさん、ウエンブレー二宮さん、

毎度サポートしてくれる保護者の皆様、差し入れ応援いただきました皆様、
今回もありがとうございましたm(_ _)m

今後とも、懲りずに、より一層よろしくお願い致します。

 

 

それにしても、立派な成長をみせてくれる子供たち・・・
我々大人が、突き動かされていると思う事の方が多い毎日です。

我々も頑張らねばです(汗

Print Friendly, PDF & Email

About HJBC

宝木塚ジュニアバドミントンクラブ、略してHJBCは、東京都葛飾区の宝木塚小学校を拠点に日々練習をおこなっております。経験豊かなコーチ陣の元、東京都のみならず関東、全国で戦える子供たちも出てきています。練習では、サッカーをやったり鬼ごっこをやったりと小学生が楽しみながらも自然と体力が向上するような取り組みも行っているため初心者でもすぐに仲間入りできる環境があります。仏と義と武と鬼?とバランスよくスタッフも整っておりますので、子供の『心』の成長も期待して下さい。


A Little Photos